2021/7/14

川西町長選告示 現新が一騎打ちへ

 

任期満了に伴う川西町長選挙が13日告示され、現職で3選を目指す竹村ただまさ氏(48)と新人でまちづくり団体代表の小沢あきひろ氏(39)が立候補を届け出、一騎討ちの戦いが始まった。

 

町長選挙が選挙戦になるのは12年ぶりで2期8年の竹村町政の評価が問われる。

 

 

小沢氏は商業施設や医療福祉施設などを誘致し、町外からも人が集まる魅力ゾーンを整備することや高齢者の生活支援強化、子育て支援や教育の充実を掲げ「誇りの持てるまちづくり」に取り組むと訴えている。

 

 

竹村氏は2期8年の実績を強調するとともに、大和平野中央プロジェクトの推進や学童保育の定員拡充、治水対策などの政策を訴え「一人ひとりの心に寄り添うやさしい政治」を目指すと力強く語った。

 

 

小沢陣営には小林誠奈良県議会議員(日本維新の会)、福西ひろみち川西町議会議員(日本維新の会)が、竹村陣営には井岡まさのり奈良県議会議員(自由民主党)が出発式に参加した。

 

 

投開票日は18日(日)。選挙人名簿登録者数は7,088人。

 

0
コメント