2021/4/21

反奈良県知事体制の序章なのか

(川田氏Twitterより)

 

次期市長会の並河天理市長と元県議の現香芝市議の川田氏が意見交換を実施したと川田氏が自身のTwitterで公開した。

 

元々並河市長は高市早苗氏に敗れているが、日本維新の会から衆議院選挙に立候補している経歴も踏まえると、メディア露出の多い大阪府吉村知事を目指しているのかもしれない。メディアに自ら登場する機会を多く持ちたがっている。

 

メディアを引き連れて市長会を代表して要望書を提出する行動を見ても、パフォーマンスに偏る癖があるため、並河市長と荒井奈良県知事は当初は良い関係であったが、現在は最悪な状態となっている。

 

県議時代から荒井知事への批判を繰り返していた川田氏と並河氏が意見交換することでどのような動きになるか注目したい。

0
コメント