2021/2/6

橿原市会議員選挙は大混戦

橿原市議会議員選挙は2月7日投開票を迎える。定数23に対して30人の立候補があり、7人オーバーの大混戦となっている。

 

争点は、

◯新型コロナウィルスで打撃を受けている地域経済の立て直し

◯国民スポーツ大会(国体)の主会場整備計画

◯県立医大周辺整備事業

となっているが、投票率の低下も懸念されている。

 

定数23に対して、亀田市長派、反市長派の議員構成がどのようになるかにより、橿原市が今後の奈良県南部の拠点としてどのような役割を担うことになるのか問われる選挙となる。

2+
コメント