2021/1/22

香芝市入札 立件断念で不起訴

大阪地検特捜部は香芝市のごみ収集事業の入札で官製談合が行われた疑いがあるとみて捜査を進めていましたが、立件を断念し関係者を不起訴にしました。

大阪地検特捜部は去年7月、香芝市が平成28年にごみ収集を請け負う業者を決める入札を行った際、市側から落札した市内の廃棄物処理会社に非公開の情報が伝えられた官製談合防止法違反の疑いがあるとみて会社や経営に親族が関わる市議会議員の自宅などを捜索しました。

 

会社の幹部や市の担当者などからも事情を聞いて捜査を進めていましたが、立件を断念し、今月18日付けで会社の幹部2人を嫌疑不十分で不起訴にしました。
特捜部は不起訴の理由を明らかにしていませんが、関係者によりますと起訴するだけの証拠が得られなかったということです。

 

NHK奈良

https://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/20210121/2050006186.html

0
コメント