2020/9/3

馬淵議員が合流新党参加正式表明

国民民主党の馬淵澄夫議員は、3日、奈良県庁で記者会見を開き、立憲民主党と国民民主党などの合流新党に参加することを正式に表明しました。

これは3日、馬淵議員が奈良県庁で記者会見を開いて明らかにしました。
このなかで馬淵議員は、3日午前中、国民民主党の本部で、立憲民主党と国民民主党などの合流新党への入党宣誓書を提出したことを明らかにしたうえで、新党に参加することを正式に表明しました。

 

そのうえで新党に参加する理由について、「バラバラな野党では与党に対じする受け皿を作ることができないとして、野党を包含する形で活動を続けてきた。残念ながら全員参加ではなく、まだ道半ばですが、大きな塊を作るということを申し上げてきた中で、一定の成果を得る形になったことから、新党への参加を決意した」と説明しました。

 

馬淵議員は60歳。3年前の衆議院選挙で、当時の希望の党から奈良1区と比例代表近畿ブロックに重複立候補し、落選しましたが、比例代表で当選していた別の衆議院議員が議員辞職したことに伴って、去年、繰り上げ当選し、ことし6月、国民民主党に入党していました。

 

 

NHK WEB NEWS

https://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/20200903/2050005175.html

0
コメント