2020/7/4

葛城市長選挙に2人目の出馬表明

2020年10月30日に任期満了を迎える葛城市長選挙に市議会議員の吉村優子氏(67)が無所属で出馬すると表明した。

 

 

藤井本浩市議会議員が出馬する意向を表明しており、吉村氏で2人目となる。

 

 

現職の阿古市長はまだ出馬表明をしていないが、おそらく2期目に挑戦すると予想されることから、現職、市議会議員2名の3名による選挙戦となる。

 

 

藤井本氏・吉村氏のどちらの出馬表明の動機に、「前回は阿古市長を応援していたが、提言や意見を聞いてもらえない」という共通のキーワードが出てきている。市議会と市長との関係の悪化が選挙戦へと導いていると思われる。

 

 

しかし、道の駅の建設問題旧町時代における 未処理金調査特別委員会(裏金1億8千万問題)と葛城市はお金が絡む事件が多いことは選挙争点にはならないのだろうか。

 

 

橿原市・香芝市・宇陀市と3市の現職が市議会との関係悪化で敗れていることから、地方行政は議会との関係がポイントになっている。

 

0
コメント